• アクセス方法について
  • 一般内科について
  • 人口透析内科について

禁煙外来

お酒は昔から百薬の長などと称されるとおり、害ばかりではなく良い面もあるのですが、残念ながらタバコは百害あって一利なし、です。

 

肺気腫という病気があります。これは肺の伸縮機能が低下して、呼吸困難を生じる病気です。進行すると在宅酸素療法の適応となり、著しく日常生活が制限されてしまいます。その肺気腫患者の80%以上が喫煙者なのです。

 

またタバコの煙の発がん性が問題視されています。とくに煙が直接接する臓器(肺、咽頭、喉頭)だけでなく、食道、胃、肝臓、膵臓、膀胱などの癌の発生率も上昇すると言われています。

 

それだけではありません。生活習慣病とCKD(慢性腎臓病)を診療の主軸に置く当院としては、喫煙が動脈硬化の独立した危険因子であることを強調しておきたいと思います。

 

喫煙は血管内皮細胞を障害し、糖代謝を障害し、脂質代謝を障害し、血液凝固を亢進させます。これらの要素が動脈硬化を進行させるのです。その結果、喫煙者は非喫煙者に比べ、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)の発症リスクが3倍、脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)が2倍になります。

 

危険はあなたの体だけにとどまりません。家族や会社の同僚など、周囲にいる人々にも受動喫煙という形でリスクを背負わせてしまっているのです。

 

喫煙ルームや家の外で吸うようにしていれば大丈夫でしょうか?

 

残念ながらそれでもダメです。喫煙後8時間程度は、あなたの呼気に、衣服に、髪の毛に、発がん性の高い有害物質を含んだ煙の粒子がまとわりついているからです。

 

どうでしょう? このままではまずい、と思いませんか?

 

思い立ったが吉日です。自分のために、そして大切な家族のために、やるべきことをやりましょう。当院もあなたのやる気を応援します。

 

ちなみに、当院では禁煙治療に健康保険が適用されます

禁煙外来ブログ

2017年

8月

05日

禁煙外来の日程について

2015年10月4日以降、当院では日曜日の診療を休止しています。よって、禁煙外来も日曜日は休止となっております。

サイトの記載が不明確で申し訳ございませんでした。何卒ご理解とご了承のほどお願い申し上げます。

2015年

10月

28日

メールで予約はできません

各種予防接種、健康診断、禁煙外来等々のご予約は電話にて承っております。メールや当ホームページのメッセージ欄から予約することはできません。何卒ご理解ご了承お願い申し上げます。

0 コメント

2013年

10月

11日

禁煙外来(初診)について

これまで禁煙外来は一般内科診療の枠組み内で実施してきましたが、10月より一般内科外来とは別の時間帯に禁煙外来(初診のみ)を新設することにしました。

 

診療日・時間帯:月水金午後7時30分〜8時、土日午後1時〜1時30分

診療時間:20〜30分

 

初診は完全予約制となります。当日の予約はできません

上記の禁煙外来は初診の場合のみです。

再診の患者さんは、一般内科外来の診療枠内に受診していただくことになります。

 

禁煙をご希望の方は、まず当クリニックの窓口か電話にて禁煙外来の予約をお取り下さい。

受診当日は、保険証を必ずご持参下さい

なお、当ホームページのお問い合わせページから、禁煙外来の予約をすることはできません。

予めご了承下さい。

0 コメント